THINGiプレイヤー検定

THINGiプレイヤー検定

お名前とメールアドレスを入力し、
次へボタンをクリックすると検定が始まります。

制限時間は60分です。

お名前
メールアドレス
1.

○○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiは体験型ボードゲームと呼ばれていて、職業や会社を選ぶ従来の就職・転職方法以外での○○を作る方法を体験するためのゲームである。
その体験のステップとしては、

1.□□を思い描く
2.1に必要なスキルを選ぶ
3.スキルや思考力を習得しながら□□に到達するための働き方を体験していく

という流れになっている

2. ○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

ゲーム開始前の目標金額設定の考え方は2通りある。
ひとつは目標が叶った時にどれくらいの収入が手に入りそうかを考える方法で、もうひとつは○○を考える方法である
3. 〇と×、正しい方を選んでください

スキルカードのうち、基本力カードだけはイベントをこなしても手に入れることは出来ない。
これは基本力がビジネスの中においてベースとなる力なので、ベースとして必要なスキルは自己投資を行ってしっかりと手に入れる必要があるためである
4. ○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

思考力とはいわば○○力である。
現実ではスキルのパワーを何倍にもアップさせたり、リスクを察知し回避できたり、目標到達までの時間を短縮したり、
更に同じことに取り組んでいてもそれをより楽しく取り組むための発想が生まれたりする力でもある
5. 〇と×、正しい方を選んでください

外部の力を借りる力を1枚手に入れると、タイムが2個増える。
これは人に任せることにより自分の時間を増やせるためである
6. 〇に入る数字を入力してください

フリーランスで3万円得られるスキルカードが3枚、
2万円得られるスキルカードが2枚、
1万円得られるスキルカードが1枚の場合の月収の合計金額は〇万円となる
7. 〇と×、正しい方を選んでください

共感力とは、他者に共感するための思考法であり、他者に共感する以外には使うべきではない
8. 〇と×、正しい方を選んでください

時間コストとは、働き方(ジョブ)ごとに消費しなければならない時間を指す。
例えば会社員であれば会社に通ったり、業務への取り組み時間が決められていて、これらの時間を時間コストと呼んでいる。
なので、フリーランスや自営業/起業家になれば時間コストは全くかからなくなる
9. 〇と×、正しい方を選んでください

基本力のうち、最初に手に入れられるのは調べる力(リサーチ力)であるが、このカードは必ず購入しなければクリアは不可能である
10. ○○と□□、△△に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiは○○と読み、名前の由来は思考する=THINKに□□のGiと△△のGiを組み合わせたところから命名されている
11.

自営業/起業家になるための条件のうち、正しい組み合わせを選んでください

12. 〇と×、正しい方を選んでください

客観的思考力を手に入れるための第一歩は、自分のフィルターを知ることにある。
どのような思考や感情の癖があるのかを把握することで、物事を冷静に判断することにつながるからである
13. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiをプレイする際は事前にルールを頭に叩き込んでおく必要がある。
これはビジネスも同じで、ビジネスのすべての知識がない状態ではビジネスは始められない
14.

〇と×、正しい方を選んでください

THINGiには時間を表すアイテムが3つあり、それはライフ、ターン、タイムである

15. 〇と×、正しい方を選んでください

クエストマスに止まったプレイヤーは6種類の思考力のいずれかが得られるワークを行う。
その際は他のプレイヤーは輪を乱さないためにも、ワーク結果には必ず賛成の意を表明しなければならない
16. 〇と×、正しい方を選んでください

自分のターンが回ってきたら、まず時間コストを支払ってから報酬を受け取る。
この順番は、働いたら報酬が入ってくるという順番を反映したものである
17. ○○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiにおける会社員のメリットは、○○と□□がもらえることで、□□により1回休みイベントに当たっても○○はもらえる
18.

○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

思考力「感情をてなづける思考」は、感情をコントロールするのではなく○○ための考え方である

19. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiではゲーム開始前に目標を叶えるための必須スキルを選ぶが、現実では選んだすべての必須スキルは必要としない場合がある。
それは外部の力を借りる力をうまく使えば、必須スキルでさえ外部から借りてくることが可能となるからである。
ただし必須スキル全てを外部に依存してしまうと、自分のビジネスを自分でコントロールできなくなるのでお勧めはできない
20. ○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

自分のターンの中でタイムが残り〇個以下になったらターンは終了となる。
次のターンが回ってきた際にはタイムは□□状態に戻る
21. 〇と×、正しい方を選んでください

発想転換力とは、発想を自由自在に切り替えるための思考法である。
身に付ければ新しい視点を自在に得ることができるので現状打破や問題解決にもつなげられ、人生からピンチを消し去ってくれる思考法である
22. 〇と×、正しい方を選んでください

基本力の中の一枚に魅せる力がある。
このスキルを手に入れると自分を魅力的に表現できるようになるだけでなく、自分の持つコンテンツや商品の魅せ方にも活かすことができる
23. 〇に入る数字を入力してください

報酬倍率は、働き方(ジョブ)ごとに増えていく。
同じスキルを持っていても、ジョブが変われば報酬倍率は増えていき、フリーランスの報酬倍率は2倍、自営業/起業家の報酬倍率は〇倍である
24.

〇と×、正しい方を選んでください

THINGiはたった一度プレイすれば、全ての学びを吸収できるように設計されている

25.

〇と×、正しい方を選んでください

1ターンの中で使えるタイムは10個で、ゲーム終了まで増えることはないし、他プレイヤーのタイムを借りる仕組みもない

26. ○○と□□、△△、◇◇に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiとは、誰にとっても重要で、かつ限りのある「○○」と「□□」を、時に使ったり増やしたりしながら、
その範囲の中で「イベント」と「クエスト」をこなし、自分の目標を叶えるために必要な「△△」と「◇◇」を集めて、
クリア=自分の目標達成を目指すボードゲームである
27. 〇と×、正しい方を選んでください

ジョブチェンジをする際に外部の力を借りる力が必須となるのは、フリーランスから自営業/起業家に変わる時である
28.

〇と×、正しい方を選んでください

プレイヤー全員が1ターンずつ終わった時、つまり1周した時、各プレイヤーのライフ1枚が失われる。
これは1年などの長い時間を表していて、失ったライフは戻ってこない

29. 〇と×、正しい方を選んでください

集客力のうち、広告する力とは費用対効果の高いネットを使った広告出稿だけを指す。
例えばバナー広告、SNSへの広告出稿などが挙げられる
30.

○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

5大ビジネススキルは、「基本力」「商品力」「集客力」「セールス力」ともうひとつ、○○である

31. 〇と×、正しい方を選んでください

集客力のうち広告する力を活用するためには、「広告出稿士」という資格が必要となる。
この資格を持っていない、もしくは取得しないのであれば広告する力は必須スキルに加えるべきではない
32. 〇と×、正しい方を選んでください

基本力の中の描く力とは、別名マーケティング力と呼ばれているもので、ビジネス全体像を考え設計するための力である
33. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiでは3つのジョブ(働き方)があり、それぞれに報酬倍率が設定されている。
この報酬倍率は、仮に同じスキルを持っていたとしても働き方が変われば手に入る収入が変わるからで、
「副業で取り組んでいる」場合と「専門にしている」場合、「会社の事業の軸としている」場合では手にする報酬が違ってくるという考えから設定されている
34. ○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

ゲーム開始前の目標金額設定では、なるべく過不足なく設定することが大切である。
目標金額が少なければ目標が叶わず、目標金額が高すぎると○○可能性が高まるからである
35. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiではクエストをこなすことにより、実際に思考力を身に付けることができるが、
その思考力はビジネスだけに特化して活用できる思考力となっている
36. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiをプレイした経験がある方のみが参加できるものに「ワークスタイル起業ラボ」というオンラインコミュニティがある。
THINGiでの体験の補足や新たな学びが可能で、他のプレイヤーとの交流も可能となっている
37. 以下の「ビジネスの流れ」と「ビジネスに必要なスキル」を表している画像の空欄に当てはまる組み合わせで、正しいものを選んでください

ビジネスの流れとスキルの関係
38. 〇に入る数字を入力してください

会社員で3万円得られるスキルカードが2枚、
2万円得られるスキルカードが1枚の場合の月収の合計金額は〇万円となる
39.

〇と×、正しい方を選んでください

働き方を変える(ジョブチェンジする)ためには、スキルカードや思考力カードを必要枚数集めればよい。
また集まった時点で自動的にジョブチェンジすることとなる

40. 〇と×、正しい方を選んでください

育てる力は基本力の中のひとつで、仕事のパートナーを育てて自分のビジネスを受け継いでもらうために必要なスキルのことである
41. 〇と×、正しい方を選んでください

商品力のうち作る力とは、例えばイラストレーターであればイラスト技術、パティシエであれば製菓製造技術、
ライターであればライティング技術を向上させるための力を指している
42. ○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

5大ビジネススキルに対して、THINGiで設定する必須スキルは〇個である。
これはこの〇個のスキルがあれば最低限ビジネスとして成立するためであり、他のスキルは実際は□□
43. 〇と×、正しい方を選んでください

スキルカードを得ると、スキルアップして報酬アップにもつながる。
スキルカードでアップする報酬はスキルによって異なり、報酬アップしやすいスキルと必要でも大きな報酬アップにはならないスキルがある
44.

以下から商品力の中のスキルには当てはまらないものを選んでください

45. ○○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiは現実の目標を設定すると、ゲーム中もリンクしていく場合が多くなる。
例えば自分のサービスを持っているのにそれを売る自信がない方の場合は○○力に偏って集まり他の必須スキルが得られなかったり、
人に任せられないタイプの方は□□力が手に入りにくかったりといった傾向が出やすい
46. 〇と×、正しい方を選んでください

対面セールス力を鍛えるための練習の場は日常に溢れている。
例えば友達をお茶に誘う場合にも、いかに「行きたい!」と思ってもらえるようなトークを練ることで鍛えることが可能だ
47. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiでは、会社員からフリーランス、そして自営業/起業家にジョブチェンジすることが推奨されている
48. さいころを増やすルールを使った方が良いタイミングとして間違っているものを選んでください
49. 〇と×、正しい方を選んでください

フリーランスになるためには、基本力が2枚必要となる。
この2枚目の基本力は魅せる力(ブランディング力)である
50. ○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

THINGiよりも現実での取り組みの方がルールが緩い部分もある。
それは、THINGiでは○○が決まっているが、現実ではこの○○を簡単に増やす方法があるためである