THINGiプレイヤー検定

THINGiプレイヤー検定

お名前とメールアドレスを入力し、
次へボタンをクリックすると検定が始まります。

制限時間は60分です。

お名前
メールアドレス
1.

〇と×、正しい方を選んでください

プレイ開始前の目標設定では、現実の目標を設定したほうがTHINGiのプレイでも現実感が増す

2. 〇と×、正しい方を選んでください

クエストマスに止まったプレイヤーは6種類の思考力のいずれかが得られるワークを行う。
その際は他のプレイヤーは輪を乱さないためにも、ワーク結果には必ず賛成の意を表明しなければならない
3.

〇と×、正しい方を選んでください

THINGiには時間を表すアイテムが3つあり、それはライフ、ターン、タイムである

4. 〇と×、正しい方を選んでください

基本力の最後のカードは自動化・仕組み化の力で、いわゆるビジネスを事業化するかどうかの分岐点となる。
なので、このカードを購入するかしないかだけが、フリーランスと自営業/起業家を分けることになる
5. 〇と×、正しい方を選んでください

対面セールス力を鍛えるための練習の場は日常に溢れている。
例えば友達をお茶に誘う場合にも、いかに「行きたい!」と思ってもらえるようなトークを練ることで鍛えることが可能だ
6. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiでは3つのジョブ(働き方)があり、それぞれに報酬倍率が設定されている。
この報酬倍率は、仮に同じスキルを持っていたとしても働き方が変われば手に入る収入が変わるからで、
「副業で取り組んでいる」場合と「専門にしている」場合、「会社の事業の軸としている」場合では手にする報酬が違ってくるという考えから設定されている
7.

〇と×、正しい方を選んでください

THINGiではお金で時間を買うことができ、10万円支払えば常にさいころを2個振ることができる

8. 〇と×、正しい方を選んでください

自分のターンが回ってきたら、まず時間コストを支払ってから報酬を受け取る。
この順番は、働いたら報酬が入ってくるという順番を反映したものである
9. 〇と×、正しい方を選んでください

商品力のうち見極める力とは、売れる商品やサービスの目利きをするためのスキルである。
このスキルを身に付けると、プロデューサーやJV(ジョイントベンチャー、共同ビジネスのこと)の場合の相手を見極める力としても活用できる
10. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiでは他のプレイヤーの考え方や価値観、プレイスタイルなどから学べることも多くあるので、
一緒にプレイするメンバーが違えば得られる学びも違ってくる
11. 〇と×、正しい方を選んでください

商品力のうち作る力とは、例えばイラストレーターであればイラスト技術、パティシエであれば製菓製造技術、
ライターであればライティング技術を向上させるための力を指している
12.

○○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiは体験型ボードゲームと呼ばれていて、職業や会社を選ぶ従来の就職・転職方法以外での○○を作る方法を体験するためのゲームである。
その体験のステップとしては、

1.□□を思い描く
2.1に必要なスキルを選ぶ
3.スキルや思考力を習得しながら□□に到達するための働き方を体験していく

という流れになっている

13.

○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

抽象化思考の「抽象」の対義語は○○である

14. ○○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiは現実の目標を設定すると、ゲーム中もリンクしていく場合が多くなる。
例えば自分のサービスを持っているのにそれを売る自信がない方の場合は○○力に偏って集まり他の必須スキルが得られなかったり、
人に任せられないタイプの方は□□力が手に入りにくかったりといった傾向が出やすい
15. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiではクエストをこなすことにより、実際に思考力を身に付けることができるが、
その思考力はビジネスだけに特化して活用できる思考力となっている
16. 〇と×、正しい方を選んでください

基本力の中の描く力とは、別名マーケティング力と呼ばれているもので、ビジネス全体像を考え設計するための力である
17. 〇と×、正しい方を選んでください

フリーランスになるためには、基本力が2枚必要となる。
この2枚目の基本力は魅せる力(ブランディング力)である
18. 以下の「ビジネスの流れ」と「ビジネスに必要なスキル」を表している画像の空欄に当てはまる組み合わせで、正しいものを選んでください

ビジネスの流れとスキルの関係
19.

○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

5大ビジネススキルは、「基本力」「商品力」「集客力」「セールス力」ともうひとつ、○○である

20. 〇と×、正しい方を選んでください

外部の力を借りる力とは、誰かに手伝ってもらったり教えてもらうための力で、「手伝ってもらう力」と「広めてもらう力」に分かれている
21.

〇と×、正しい方を選んでください

1ターンの中で使えるタイムは10個で、ゲーム終了まで増えることはないし、他プレイヤーのタイムを借りる仕組みもない

22. 〇と×、正しい方を選んでください

ジョブチェンジをする際に外部の力を借りる力が必須となるのは、フリーランスから自営業/起業家に変わる時である
23.

イベントマスに止まった際、複数のイベントカードから実施するイベントを選択できる場面があります。
この場面において、どのイベントを実施するか選択するための考え方として重要ではない考え方を選んでください

24. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiは基本的にはこれから起業したい方がプレイするべきゲームであり、起業する気持ちのない方がプレイしても楽しめるが、特に学びは得られない
25. 〇と×、正しい方を選んでください

育てる力は基本力の中のひとつで、仕事のパートナーを育てて自分のビジネスを受け継いでもらうために必要なスキルのことである
26. さいころを増やすルールを使った方が良いタイミングとして間違っているものを選んでください
27. ○と□□に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

5大ビジネススキルに対して、THINGiで設定する必須スキルは〇個である。
これはこの〇個のスキルがあれば最低限ビジネスとして成立するためであり、他のスキルは実際は□□
28. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiをプレイした経験がある方のみが参加できるものに「ワークスタイル起業ラボ」というオンラインコミュニティがある。
THINGiでの体験の補足や新たな学びが可能で、他のプレイヤーとの交流も可能となっている
29. ○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

ゲーム開始前の目標金額設定の考え方は2通りある。
ひとつは目標が叶った時にどれくらいの収入が手に入りそうかを考える方法で、もうひとつは○○を考える方法である
30.

○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

THINGiにおけるクリアは○○を手に入れていること、目標の月収に到達していることの2点である

31. 〇と×、正しい方を選んでください

運が良くなる思考法は、THINGiの中ではさいころ運を左右し、この思考力を身に付ければさいころの目を完全に自在にコントロールする能力が芽生える
32. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiではすべての種類のスキルカードを集めることができると、最後にボーナスとして200万円のボーナスがもらえるが、これはゲームならではの甘めのボーナスである。
なので、このすべてのスキルを現実で手に入れることができ、さらにそのスキルをお金に換えたとしても200万円も稼ぐことは到底できないと考えられる
33. 〇と×、正しい方を選んでください

集客力のうち、広告する力とは費用対効果の高いネットを使った広告出稿だけを指す。
例えばバナー広告、SNSへの広告出稿などが挙げられる
34. ○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

思考力とはいわば○○力である。
現実ではスキルのパワーを何倍にもアップさせたり、リスクを察知し回避できたり、目標到達までの時間を短縮したり、
更に同じことに取り組んでいてもそれをより楽しく取り組むための発想が生まれたりする力でもある
35. 〇と×、正しい方を選んでください

思考力を手に入れると、マイナスイベントを回避できる可能性が高まる。またジョブチェンジの条件としても必要な場合がある
36. 〇と×、正しい方を選んでください

共感力とは、他者に共感するための思考法であり、他者に共感する以外には使うべきではない
37. 〇と×、正しい方を選んでください

集客力のうち広告する力を活用するためには、「広告出稿士」という資格が必要となる。
この資格を持っていない、もしくは取得しないのであれば広告する力は必須スキルに加えるべきではない
38. ○○に当てはまる正しい選択肢を選んでください

ゲーム開始前、目標に沿って必須スキルを選ぶ際に、
どのようにしてその目標に到達するのか具体的な手段がまだ決まっていない場合、
商品力は○○を選んでおくとよい
39. 〇と×、正しい方を選んでください

ゲーム開始前、目標に必要なスキルを選択する際に、もし自分の目標の中に「場所に縛られず自由に移動できる生活を作りたい」ということがあれば、
集客力とセールス力の中にネットを活用するものを取り入れておくと良いと考えられる
40.

〇と×、正しい方を選んでください

働き方を変える(ジョブチェンジする)ためには、スキルカードや思考力カードを必要枚数集めればよい。
また集まった時点で自動的にジョブチェンジすることとなる

41. ○○と□□、△△に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

フリーランスと自営業/起業家の違いは、仕事を○○化しているかどうかである。
なのでその為に□□と△△の取得がジョブチェンジ条件の一部となっている
42.

自営業/起業家になるための条件のうち、正しい組み合わせを選んでください

43. 〇と×、正しい方を選んでください

時間コストとは、働き方(ジョブ)ごとに消費しなければならない時間を指す。
例えば会社員であれば会社に通ったり、業務への取り組み時間が決められていて、これらの時間を時間コストと呼んでいる。
なので、フリーランスや自営業/起業家になれば時間コストは全くかからなくなる
44. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiではゲーム途中でクリア条件に達することもある。
その場合、そこから先で学べることはほぼないので、ここでプレイを終わってもよい
45. 〇に入る数字を入力してください

フリーランスで3万円得られるスキルカードが3枚、
2万円得られるスキルカードが2枚、
1万円得られるスキルカードが1枚の場合の月収の合計金額は〇万円となる
46. ○○と□□、△△に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

ゲーム終了後、達成率と残金を確認する。
達成率は成功確率ではなく、現状だと○○にどれくらい近付けるかの割合となる。
また残金はクリアとは関係しないが、残金を数えることにより□□の意識や△△に対する価値観が浮き彫りになる場合が多い
47. ○○と□□、△△、◇◇に当てはまる選択肢の組み合わせで、正しいものを選んでください

THINGiとは、誰にとっても重要で、かつ限りのある「○○」と「□□」を、時に使ったり増やしたりしながら、
その範囲の中で「イベント」と「クエスト」をこなし、自分の目標を叶えるために必要な「△△」と「◇◇」を集めて、
クリア=自分の目標達成を目指すボードゲームである
48. 〇に入る数字を入力してください

報酬倍率は、働き方(ジョブ)ごとに増えていく。
同じスキルを持っていても、ジョブが変われば報酬倍率は増えていき、フリーランスの報酬倍率は2倍、自営業/起業家の報酬倍率は〇倍である
49.

〇と×、正しい方を選んでください

THINGiはたった一度プレイすれば、全ての学びを吸収できるように設計されている

50. 〇と×、正しい方を選んでください

THINGiでは、会社員からフリーランス、そして自営業/起業家にジョブチェンジすることが推奨されている